遠くから 洞爺湖町を応援する Blog

 平山晃哉ファンの「ふるさと洞爺湖町応援団員」が  はっちゃきこいて やってます

ふるさと洞爺湖町応援団

なぜ洞爺湖町

この度、ご縁があって『ふるさと洞爺湖町応援団員』に任命していただきました。


住民でもなく、縁もゆかりもなく、一度も訪れたことのない洞爺湖町。なぜ私がこの町に、ここまで心惹かれるのか。


それは、そこが平山晃哉さんの “大切な故郷” だからです。

 

洞爺湖町

当初、平山さんの出身地は『北海道洞爺湖温泉』となっていたと記憶しています。(間違えていたらスミマセン)

 

その洞爺湖温泉があるのが『虻田町』という町だと私が認識したのは、平山さんが『洞爺湖観光親善大使』に任命されたと報じた『みなさんのおかげでした』のOAの時(1999年)です。

 

その後、2006年に虻田町洞爺村が合併し、現在の洞爺湖町となりました。

 

平山晃哉ファン目線で

これから、このblogを通じて洞爺湖町の魅力を配信していきます。


それも、他の団員さんとは一味違う『平山晃哉ファン目線』で。なによりも私自身が知りたいなぁと思うことを中心に、ワクワク楽しんでやっていきます。


皆様、何卒宜しくお願いします。


今日の一曲 『路傍』Will Call

記念すべき第1回は『路傍』です。

 

野猿が完全撤収して、二度と平山さんの歌声が聴けないのではないかという失望と、いつかまた復活してくれるのではないかという微かな希望がある頃に、この曲は発売されました。

 

作詞は Will Call となっていますが、神波憲人さんが作られたと何かで言っていたような記憶があります。

 

いずれにしてもこの曲は、当時のお二人の等身大の歌詞になっていると思います。

 

時間が過ぎてゆき 今日が過去になる

笑いあえる未来が きっと来るはずさ

 

私は何か辛いことがあると、この歌詞に励まされてきました。

 

微かな希望を頼りに何かを始める時、一歩踏み出す後押しをしてくれる、そんな一曲だと思います。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。