遠くから 洞爺湖町を応援する Blog

 平山晃哉ファンの「ふるさと洞爺湖町応援団員」が  はっちゃきこいて やってます

歴史と噴火の爪痕を残す

洞爺湖町を詳しく知るために、地域別にみています。
今回は「入江」と「泉」です。


内浦湾のきれいな夕日 「入江」

f:id:lakushiyumi:20200304095915j:plain

「入江」は内浦湾側、伊達市に隣接しているエリアです。

 縄文時代の遺跡があり、そんな昔から、この辺りで人々が生活をしていたことがわかります。

多くの人が生活できる程に自然の恵みが豊かだったのでしょうが、冬は寒かったでしょうね。

 

道の駅あぷた

f:id:lakushiyumi:20200304100053j:plain

名称は『あぶた』ではなく『あぷた』です。
国道37号沿いにあり、虻田漁港と内浦湾を眺望できる、夕日がきれいな道の駅です。

http://aputa.jp/

 


歴史公園

小高い丘の上にあり、一面芝生で、内浦湾、有珠山、市街地を一望出来る、とても景色が良い公園です。

北海道最古といわれる『馬頭観音碑』があり、こちらは北海道の有形文化財に指定されています。

http://www.town.toyako.hokkaido.jp/tourism/park/prk007/

 


『ウニ』への『おもい』が伝わる(株)小川商店

洞爺湖町ふるさと納税返礼品でお馴染みの『(株)小川商店』。
こちらの会社のホームページが素晴らしく、『ウニ』に対する『おもい』が、とてもよく伝わってきます。

http://www.ogawa-shouten.com/

 


入江貝塚公園

f:id:lakushiyumi:20200304100540j:plain

貝塚や竪穴住居跡が発掘されたこの辺りは、縄文時代前期から後期にかけて、拠点的な集落が営まれていたようです。
発掘された約20mの貝塚を剥ぎ出して露出展示し、土葺きの竪穴住居が復元され、公園として整備されています。

この写真を拝見していると、この公園も少し高台にあるようですね。

http://www.town.toyako.hokkaido.jp/syakaikyouiku/page37/page38/index.html

 


噴火の爪痕を残す「泉」

f:id:lakushiyumi:20200304100037j:plain

有珠山山麓にある「泉」には、今も2000年の噴火の際の爪痕が数多く残されています。
噴火口の跡や断層、被害にあった建物等をそのまま保存することで、火山研究の実物の資料となっているようです。


西山火口風致公園

噴火でできた西山火口周辺が、公園として整備されています。

 

火山資料展示室

もとは『西胆振消防組合本部』だったピンクの建物です。
噴火の際に、建物の床が4%傾斜し、隣に出来た沼の水で一部浸水しています。暫時的に資料展示室として解放されています。


西山山麓火口散策路

f:id:lakushiyumi:20200304103005j:plain

 

北口から南口まで1.2㎞。
噴火の前は緩やかな下り坂だった町道が、5ヶ月かけて最大80mも隆起してしまい、新山が出来てしまいました。
火口を見下ろす2つの展望台があり、地殻変動による断層も見ることができます。
噴火の際は噴石が凄かったようです。


とうやこ幼稚園跡

噴火の際の噴石で、建物の天井や壁に穴が開いてしまった園舎がそのまま保存されています。
通園バスや遊具も破壊されたまま残っています。

このような痕跡をみると、噴火による人的被害がなかったことが、本当に良かったと思います。
地球のエネルギーって凄いですね。

 

 


今日の一曲『GLORIA』ZIGGY

この曲は1988年リリースですが、1989年にドラマの主題歌になり再リリースされました。
作詞・作曲はボーカルの森重樹一さん。
ZIGGYはハードロックのバンドですが、この曲はとてもメロディアスで、森重さんの歌の上手さが際立ちます。

 

足早に過ぎてく時間(とき)の中
増えてゆくのは嘘の数だけ
錆ついた夢にもたれながら
いらだちを隠せずにいたけど


森重さんは近年、ご自身の経験から、依存症の啓発活動をされています。
そのイベントの際にこの曲をギターで弾き語りしてくださるのですが、あの歌唱力は今も健在です。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。