遠くから 洞爺湖町を応援する Blog

 平山晃哉ファンの「ふるさと洞爺湖町応援団員」が  はっちゃきこいて やってます

洞爺町は旧洞爺村の中心地

洞爺湖町を詳しく知るために、地域別にみています。
今回は旧洞爺村の中心地「洞爺町」です。

f:id:lakushiyumi:20200422102858j:plain


とうや水の駅

f:id:lakushiyumi:20200422102815j:plain

とうや水の駅があるエリアは、明治20年、四国 香川県 旧財田町の移住者の方々によって開拓されました。
だから、この水の駅の軽食コーナーでは「本格的な讃岐うどん」が食べられるのですね。
他にも、洞爺湖町名産のシソを利用した「しそソフトクリーム」も人気があるそうです。

 

http://www.touyanet.com/

 


洞爺湖芸術館

f:id:lakushiyumi:20200422103025j:plain

彫刻家・砂澤ビッキと写真家・並河萬里の作品の他、洞爺湖国際ビエンナーレの作品や日本近現代文学の初版本のコレクションも展示しています。
「ふるさと洞爺湖町応援団」の協力施設で、団員は入館料が無料になります。


http://www.geijutukan.net/

 

 

浮見堂公園

f:id:lakushiyumi:20200422103152j:plain

浮見堂は昭和12年に建立されました。
平成15年に落雷により焼失してしまいましたが、その後、再建されています。
ご本尊は聖徳太子像です。
公園内には「洞爺湖ぐるっと彫刻公園」の一部作品が展示されていて、絶好の写真スポットです。


http://www.town.toyako.hokkaido.jp/tourism/park/prk009/

 


老三樹

f:id:lakushiyumi:20200422103321j:plain

北海道の名木に指定されています。
昭和8年の鑑定では、樹齢1300年の桑、600年の桜、200年の栓の三本の老木が、根を一つにしていていました。
残念ながら、桜は昭和53年に枯死し、倒木してしまいましたが、その後植樹されています。

 

 

今日の一曲『明日があるさウルフルズ

 

もとは坂本九さんの曲で、原曲は、作詞 青島幸男さん、作曲 中村八大さんです。
2001年に歌詞を少し替えて、CMソングとしてウルフルズや吉本の Re:Japan がカバーしました。
私はこのウルフルズバージョンが好きです。

 

明日がある 明日がある 明日があるさ

 

先が見えない状況で、この曲を歌うと少し元気になりますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。